就職活動キャリア塾 (学生、若者のキャリア(職業)相談・無料)
 
学生は、就職活動するために、自分が希望する職業や企業を知る。 その為に、インター ンシップで、希望する仕事を体験する。 インターンシップする前に実務学習も必要。 希望する職業と日常業務は、学生に見えない作業が、 多くあります。 学生さんアルバイトの経験があると思います。 アルバイトには、責任者がいますね 責任者は、アルバ イト学生を管理しています。 作業の段取り、仕事の説明、時間 管理、作業管理、進捗管理などいろいろなことを行います。 学生さんは、安心して、 作業を行うだけです。 就職すると、会社の仕組み、専門知識から業務遂行能力を養う。また、生産管理、 生産仕様から 設計、試作、量産とやること沢山あります。少しでも理解して、就職 活動することは、内定を獲 得する確率が増えます。
1つ上の面接を体験し、希望する幾つかの企業に挑戦しましょう。

実務概論について
以下の教材を作成しています。
実務概論教科書にボランティア協力してくれる会員を募集しています。

事業管理(生産計画、品質管理)
経営者様、長年事業管理を経験したことをコンサルティングします。


大手に勤めた人材は、専門家として、活用できる。ただ、XX社だから大丈夫だろうでは、失敗する。
事業のどの項目に活用したいか、明確でなければならない。大手出身役員は、多くの人脈を持っている。また、社員も20年務めた経理、生産管理、品質管理、事業管理と言った事務系項目や生産技術や研究、開発、設計は、すべての項目に精通していない。
 企業で必要なのは、受注先を見つける、客先へのプレゼンテーション、事業計画、見積もり作成、社員教育(技術力アップ、開発力アップ、仕様書作成力、コミュニケーション力)と社内活性化活動(QC、TPM、ISO)の手法を利用する。
会社それぞれの特性を考え、儲かる仕組み作りが必要である。

受注先に認めてもらうには、腕の良い職人、工員を育てたり、良い設計仕様書が作成できる。
データベースを持っていることです。そして、同業ネットワークを作ることです。ネットワーク作りは、地域の商工会や商工会議所との付き合いにより、情報交換や受注先紹介をすることです。そして、良い部品を良い品質で、短納期で仕上げる。そのために、どうすればよいかです。

私は、D社社員、家族企業役員、友人企業顧問と儲かる仕組みを研究した。社長ではないので、最終決定できないが、最初は、確かにもうかった。しかし、同じ内容は、3年で、次の提案をしないと、儲からなくなる。絶えず先を見る力を社員に身に着けることが、重要である。

採用・育成
経営者様、長年採用活動を経験したことをコンサルティングします。

NPO法人事業支援報告

1)埼玉県共助の取組マッチング事業
  専門家登録より、ホームページ制作支援をして4年目です。

我々の提案している実務教育